2009年01月31日

健康を考えるなら

健康を考えるなら、やはりタバコはやめたほうが良いでしょう。理由は
あらためて何故かは書かなくても、ご理解していただけると思います。
ところで最近は健康に対する意識の高騰によって、現在は禁煙に向けての
取り組みが進められています。例えば、JRや私鉄の普通列車は、だいたい
全車両が禁煙になり、新幹線や特急などでも、禁煙車の割合が増えてきました。
最近ではタクシーでも禁煙が進められています。でも、禁煙タクシーの場合は
客が喫煙の意思表示をした時になかなか断わりにくく、客が喫煙を行なって
しまったその後は、タバコ臭や健康によくない物質が残る事から、本当の
ところは「禁煙タクシー」にはなっていないとの声もあるようです。
航空機では、現在は全日空と日本航空が国内便でも国際便でもどちらも
全席禁煙としています。そもそも機内には安全上ライターも持ち込むことは
できません。また学校や官公庁、病院などの公共施設では、禁煙または分煙に
向けての取り組みがだんだんと進められています。また、主要な道路を歩行の
喫煙禁止にする条例も、多くの自治体で行われてきています。
たばこそのものも未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やタバコへの依存を
より強めます。といったような健康警告表示が義務づけられています。
ラベル:健康 喫煙
posted by 健康 at 08:31| 健康日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熟睡するための方法

健康のためには、やはりしっかりと熟睡することはとても大切だと思います。
しかし、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅くって熟睡できないという
方もたぶんみえると思います。浅い眠りはどうしても体の疲れが取れません
し、昼間に睡魔が襲ってきて、仕事の効率を下げることにもなりかねません。
そこで、熟睡するための方法として安眠グッズを一度試してみたらどうで
しょうか?安眠グッズは低反発マットや枕、暑さ対策用の物だったり逆に冷え
対策用の物など、実にさまざまな種類の安眠グッズが販売されています。
または、イビキを防止するグッズなどは、イビキをしている本人には特に気に
はなりませんが、一緒に寝ている人にとってはなくてはならない物となって
います。安眠グッズという物は安眠をサポートしてくれる物であれば、なんで
も当てはまるようです。夏には扇風機があるととても便利ですし、冬などには
加湿器がとても役に立ちます。また夏といえば、とてもうっとしい蚊ですが
この蚊の対策は大切ですね。耳下を飛んでいると音だけで気になって寝ること
ができません。なので安眠グッズの中には蚊帳もあります。蚊帳は虫除けの
スプレーなどを使いたくない人にはお勧めですね。しかも蚊帳はなんとなく
風情があって良いのではないでしょうか?そうそう風情といえば、昔からある
蚊取り線香も夏の定番ですが、これもいわゆる安眠グッズと言えるかも知れません。
ラベル:睡魔 熟睡 健康
posted by 健康 at 05:58| 健康日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

ひざの関節痛の原因

ひざの関節痛を発症する原因の一つに猫背があるのをご存知ですか?
では、この猫背がひざ関節痛に関係してくるのでしょうか?それは
猫背の姿勢でいるという事は、たぶん膝は常にに曲がった状態になって
しまいます。つまり歩く時の姿勢が常に曲がった状態で屈曲状態だと
特定の部分にどうしても負担がかかります。猫背はひざの関節痛の原因
の一つですが、猫背での姿勢の場合は膝が屈曲状態で歩いている事に
なります。そうすると腿の裏にある筋肉の大腿二頭筋が上手く機能し
なくなります。大腿二頭筋が機能しない状態というのは、言ってみれば、
それだけでも正常な状態とはいえません。また、ひざの関節痛はO脚が
原因ともなります。O脚は男性よりも女性の方がなりやすいのは有名な
話ですね。これは男性と女性の骨盤の違いが主な原因と言われています。
女性の骨盤の方が、男性の骨盤よりも柔軟に出来ている事が原因です。
また、女性は出産が関係していると言われています。ひざの関節痛は
O脚も原因にもなりますが、でもO脚が直接的な原因になる訳では
ありません。猫背やO脚そして足首の内反などが長い期間に続いた事が
原因となっておきます。その長い期間というのは3年や10年といった
期間です。そして5年、10年の期間に、ひざ関節を正常に使っていな
かったために負担をかけてひざの関節痛となるようです。
ラベル:関節痛
posted by 健康 at 16:29| 体の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

マカサプリメント

マカのサプリメントというのは最近コンビニなどでもよく見かけますね。
このマカというのは、含まれる豊富な栄養素によりストレスの解消や
疲労回復そして免疫力アップなどに効果があるといわれています。
マカをうまく摂取しながら、日ごろの疲れなどを取り除いてくれる
ことに期待ができるため最近注目されているサプリメントです。

そもそもマカは南米のペルーにあるアンデス山脈のボンボン高原の高地
で栽培されているものです。アブラナ科の一種でマカはインカ帝国の時代
から、子孫を残すために必要な食べ物として受け継がれてきた食物です。

マカに効果があるのは栄養素が豊富に含まれているからです。マカに含
まれているビタミンやミネラルそしてアミノ酸などが含まれています。
とても栄養豊富な食物だという事がお分かりになるかと思います思います。

また、マカというのは多くの野菜が栽培できない高地で育つために、害虫
などがいない良い環境で育てる事ができます。そのため農薬が必要に
なる事はないため、とてもナチュラルに栽培できるそうです。

高地という食物にとっては厳しい環境でマカは育っているために、とても
に生命力の強い食物のようです。今では料理をはじめ、お酒などとしても
食されるようになりました。しかし、そんなマカの素晴らしい
効果がありながら注目さてサプリメントとして人気が出たのは最近に
なってからです。
posted by 健康 at 21:27| サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の悩み 乾燥による肌のカユミ

冬の寒い季節になると、肌がかゆくってお悩みではありませんか?そのカユミの
原因は、恐らく乾燥肌ではないでしょうか?乾燥肌でお悩みの方は結構いる
ようですね。

乾燥肌の対策としては、やはり保湿クリームなどを使用する事は効果があります。
乾燥肌のは、皮膚に水分を補給して、その水分が乾燥しないように保湿の対策を
行う事が良いと思います。しかし乾燥肌の人の中には、保湿の対策が上手くいって
いない方もいるのではないでしょうか?保湿の対策を効果的に行うには、やはり
保湿クリームなどを使用することが良いと思います。

乾燥肌の対策には保湿が大切です。保湿の対策には、保湿に効果のある化粧水
または乳液、クリームなどを使用するのが一般的です。乾燥肌の人には乳液が
一番使いやすいと言う人もいます。でも、これは個人差がありますので、まずは
色々と試してみる方がいいと私は思います。サンプルなどをもらえる事もあり
ますので、まずはこういったのを色々と試して自分に合ったものを探すのも
良いですね。

こういったものを使う場合はやはりお風呂上りに使うといいと思います。なぜなら
風呂上りの皮膚は潤った状態なので効果があると思うからです。
風呂上がりから時間が経てば経つほど、せっかく潤っていた皮膚から乾燥して
しまい水分が逃げていってしまうからです。
ラベル:乾燥肌 悩み
posted by 健康 at 16:55| お肌のトラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

辛い肩コリの原因

肩コリって辛いですよね。あなたはどのように解消していますか?たぶん
多くの人は自分で揉んだり、または叩いたりして解消していると思います。

別に誰に教わったものではないのですが、揉んだり、叩いたりすると取り
合えず気持ちいいからやっているのだと思います。しかしこの揉んだりや
叩いたりすることは実は、きちんとした意味があるんですね。

肩コリが起こる原因は多くは、血行不良が原因です。なので肩周りの筋肉の
血行が悪くなったために、肩の周りの筋肉を使い過ぎた事によって出てきた
ブラジキニンと呼ばれる発痛物質を流せなくなります。
この流せなくなった発痛物質のブラジキニンは、肩周りの筋肉にとどまって
しまうため、その場に炎症を起こしてしまいます。これがあの肩の痛みや
こりの原因になるのです。

肩コリは、血行不足によってとどまってしまっている発痛物質を流せるよう
にしていければいいという事になります。それが肩を揉んだりとか叩いたり
といったマッサージにつながってくるのです。発痛物質がとどまらないように、
なるべくこまめに揉んだり、叩いたりしてマッサージすることが肩こりを解消
するポイントです。

肩コリの解消がなぜ難しいかと言うと、早めの対処ができていのが大きな原因
だと思います。誰しも何らかの肩のだるさやまたは重さを感じていると思います。
その時点でマッサージをしていればいいかも知れませんが、忙しさもあり、
なかなか難しいのでしょうね。なので、そのままにしておく方が多いようです。
ラベル:肩コリ 原因
posted by 健康 at 19:55| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。